ビックリート

ビックリートとは?

ビックリートは硫黄酸化細菌の防菌を目的として、コンクリートに防菌剤(ビック剤)を混入したコンクリートです。ビック剤は化学的に安定した鉱物質を主材料にしていますので、従来のコンクリートと比べても圧縮強度、曲げ強度、クリープなどの諸性状は全く変わりません。
財団法人下水道新技術推進機構の建設技術審査証明を取得しています。また、社団法人日本下水道協会の㈼類認定資器材に指定されました。

ビックリート製品協会Webサイト

特長

  1. 特別に開発されたビック剤を混入して製造されるため、腐食劣化につよい
  2. コンクリート全体が防菌性かつ、継手部に防食のための目地処理等を施す必要がないので施工が簡便。
  3. 全てのコンクリート二次製品に用いることが可能。
  4. 外観・形状・寸法及び強さは従来品と変わらず、全国的に安定した供給体制が構築済。
  5. 既存の生産設備で製造が可能で、施工時に特別な費用がかからない。
  6. ビック剤は性人体に悪影響を及ぼすことがなく、安全性が高い。
コンクリート製品
  • ヒューム管
  • 合成鋼管
  • ビックリート
  • JIP-パイプ
  • お見積もりのご依頼
  • 03-5733-2120

ページの先頭へ