帝国ヒューム管東日本株式会社
03-5733-2120 お問い合わせ

会社沿革

1934年 帝国ヒューム管(株)創業
1960年 全国7工場体制
1961年 東証2部上場
1990年 ティヒュー(株)に社名変更
1991年 耐震製品の開発と特許出願を開始
「管路とマンホールの可とう継手 SFジョイント」
日本下水道事業団民間開発技術審査証明を取得
1995年 大口径用耐震継手BMJ・BPJの開発
1996年 大口径耐震継手BMJの採用(相模原市)
2000年 関東帝国ヒューム管(株)を吸収
2002年 太平洋セメント100%子会社となる
2003年 テイヒュー(株)が、新たな資本を導入し全国地域分社化を実施
→帝国ヒューム管山陽(株)を設立
 耐震可とう継手TTJ・SPJ II・AZPJの開発
2004年 非開削による既設人孔と管の耐震化工事を実施(横浜市)
2005年 (財)日本下水道新技術推進機構より建設技術審査証明を取得
「既設管の耐震改良工法」
2006年 新たに帝国ヒューム管東日本(株)を設立し、テイヒュー(株)の事業を継承
非開削による既設人孔と管の耐震化工事を実施(多摩市)
2007年 アドホール工業会に参加し、副会長となる
2009年 大口径耐震継手BMJの採用(羽田空港)
2010年 φ4250シールド用BMPJの採用(茅ヶ崎市)
横浜工場を閉鎖し、耐震事業とヒューム管等の建材販売事業に特化
2017年 (財)日本下水道新技術推進機構より建設技術審査証明を取得
「非開削による人孔と既設管接続部の耐震改良工 TTJ工法」
2019年 TTJ工法による非開削工事 累計:30自治体:800か所施工達成

所属団体

  • アドホール工業会
  • ビックリート製品協会

お見積りのご依頼、お問い合わせなど
お気軽にご連絡ください

お急ぎの方はお電話で!
03-5733-2120
平日(月〜金)9:00/17:30